『作用展』at OUTBOUND


12/19から始まる『作用展』に出展させて頂きます。

OUTBOUND(吉祥寺)
http://outbound.to

c0243045_14565800.jpg


2018年12月19日 [水] – 2019年1月14 [月]|11:00 – 19:00|定休日 1月8日 [火]

臨時営業 12月25日 [火] |年末年始休業 12月31日 – 1月4日

在るもの、移ろうさま、それらの織りなしがもたらす、鎮まりと昂ぶり。

さまざまな存在、現象、および環境による、情緒的な反応を引き起こす働きである「作用」に焦点を当てた展覧会を開催致します。

具体的な機能を付与する「道具」に対して、本展に於いて「標具(ひょうぐ)」と呼ぶ抽象的な造形物を通じ、「作用」について考察を深める場となりましたら幸いです。

参加作家

東 亨
伊藤 敦子
井藤 昌志
柏木 圭
金森 正起
木下 宝
熊谷 幸治
須田 二郎
谷口 聡子
冨沢 恭子
森田 春菜
ハタノ ワタル
芳賀 龍一
林 志保
廣谷 ゆかり
福井 守
藤崎 均
藤村 亮太
ますみ えりこ
増満 兼太郎
安永 正臣
山崎 大造
横内 みえ
渡辺 隆之
渡部 萌
渡辺 遼





















[PR]
# by satori--nu | 2018-12-15 15:02 | お知らせ | Comments(0)


c0243045_15435806.jpg


c0243045_15444991.jpg


c0243045_15453084.jpg


c0243045_15481292.jpg


c0243045_15491115.jpg





載せるの遅くなりましたが、
夏の終わり頃、
写真家の鮫島亜希子さんに撮って頂きました。


朝一番の光りで。
自然光が神々しく、細い糸をきれいに照らしてくれました。



(以前に、太めの糸で撮ってもらい、この日は夕方の薄暗い光りでした。10月に載せました。)


鮫島亜希子HP
http://www.akikosameshima.com/








小さい頃からずっと、何かしら物を作ったり描いたりしていました。
私の手は、ごつごつしていて、職人のおじいちゃんの手みたいで、
少し恥ずかしいと思っていました。
でも、鮫島さんに「編んでいる手を撮りたい」と言ってもらい、
このように撮ってもらえて、
自分の手をいいなと思えるようになりました。
彼女は、私に色んな質問をし、
私の制作や作業場の色んなものに心から関心を持ち、
深く理解しようとしてくれ、
その上でこそ撮れた写真だと思っています。





今まで鮫島さんが撮ってくれた写真たちを、
今、一つの作品として見れる形にしようとしています。
古い友人の坂上由起子さんによる、真心の籠った手製本で。
3人で案を出し合い、試作中。。。
美しい本になりそうです。
お披露目できる時、またご案内させて下さい。



c0243045_15503037.jpg




そして、
こちらもお知らせ遅くなりましたが、
『obscura』というウェブマガジンに載せて頂いています。
https://www.obscura-magazine.com/stories/all/columns/unexpected-welcome/

Ron Lamさんというライターさんが
11のとても深い質問をして下さり、
私なりに丁寧に答えました。

素敵なウェブマガジンです。
英語と中国語ですが、ぜひご覧になってみて下さい。











[PR]
# by satori--nu | 2018-12-14 17:37 | 作品 | Comments(0)

デュシャン


デュシャン展に行ってきました。
(12/9までです)

c0243045_20060837.jpg


マルセル・デュシャン。

とらえどころのない人物。
作品が、彼そのもの。

ずっと気になっている人ではありましたが、
ここまでまとまった数の作品を見て、人となりを知ることが出来たのは、初めてです。

ますます、あまりにも多面的すぎて混乱しています。
展覧会を見ただけでは頭にとどまりきらないと思い、
珍しく図録を購入しました。




作品をうやうやしく敬うとか、唯一無二のものに価値を置くことに対して、
彼が持った疑念。

絵画をやめて、
装置やレディメイドに転向していった彼。
複製もためらわず、果敢に制作。
(※レディメイド:既製品を、デュシャンならではの提案や方法で展示する。
鑑賞者が既に持つ見方や考え方に変化を与える目的がある。)


そもそも、
芸術の目的とは。
ただきれいなものをきれいに見せるとかではない、と思う。

「鑑賞者の概念や認識を、思いがけない所へと導くこと」
ではないか。



作品は、作り手によって完成された時点で完結するのではなく、
鑑賞者の”知覚”において初めて存在すると言える。



そもそも、
芸術は、なぜ存在するのか、私は「存在すべき」と思うのか、、、

それは
芸術=人間だからではないか。

、、、、、、、


図録を読みながら、
そのような考察をしています。

デュシャンの作品を鑑賞することによって、考察する。
それこそが、デュシャンがやりたかったことなのではと。


作品を作ってそれを賞賛されることに、全く興味のなかった彼。
でも、見てもらえない、気に留めてもらえないことには、”無”と同じになってしまうから、
それで、ウィットに富んだ表現を駆使したのだと思う。
鑑賞者を茶化しているのでもなければ、天の邪鬼でもない。

出版物もたくさんあり、どれも美しい。
これがパリのエスプリか、と。
芸術にも、どこかしらに漂うオシャレさは、必要なのだろうな。

などなど。。。


一気に浮かんできた言葉を書き留めました。








そして、自分の創作。

c0243045_14350350.jpg

ますます細い糸。。。うまく写らない、、、。
糸が膨張して写ってしまうし、ピントが合わない。
ある意味、肉眼でしか見ることが出来ないということこそがいいなと、最近は思っている。

c0243045_14354290.jpg


誰かが糸を作り、
私がそれを編んだ
この物体の、存在意義について。


自然ではない、人工物。
自然の中に置いた時に強く感じる。
不自然さ。
心地よい違和感。

見えにくいくらいの細さの糸を編んだ、この’編み’の非日常性
この麻糸のハリによって実現した立体の形状から
醸し出される神秘性。



追求は続きます。。。



12月19日からOUTBOUND(吉祥寺)にて開催される
『作用展』に出品させて頂くものを、制作しています。




またoutputな日々に入っていきます。














[PR]
# by satori--nu | 2018-12-03 15:38 | 作品 | Comments(0)

ありがとうございました


gallery QUONAさんでの個展、
24日に終わりました。

お越し下さった皆様、
ありがとうございました。

お連れの方を連れてまた来て下さったり、
他の方にお伝え下さったり、
QUONAさんより色々ご報告頂き嬉しかったです。

在廊中、お会いできた方とは、
糸や編みのことや考えなど、深いお話が出来ました。

instagramのコメントやDMで、直接私にご感想を下さった方々も、
ありがとうございました。


福岡へ行き、設えや在廊する中で、
色々と落ち着いて考えることもできました。

これからも制作を積み重ねていきたいと思います。


曇りなく心からこうしたいと思えることや、タイミングがちゃんとつかめれば、
自ずと制作や展示もうまくいくのではないかと。
より良い制作が出来るよう、
また考えてやっていきたいと思います。













いつも、展示が終わると、一息ついて、
片付けをしたり、糸の整理をしたりして、
次の制作に向けて、
環境と心を調えます。




最近の制作や日常を少し。。

c0243045_07582472.jpg

c0243045_08521451.jpg


先日私の元にやってきた、古い糸。
どちらも日本のもので、

右の方は、「昭和32年度、晩秋蚕(恐らく’秋’。絹ではなくて麻に見えるのですが、、、?)
160勺(勺?読めない)」

左は、「6月3日 宮古 宇野様 1.23」
とあります。


細く、艶と張りがあり、美しい糸ですが、
たくさん切れてしまっているので、
カセ繰り機にかけ、機結び(はたむすび)で繋ぎながら、手でカードに巻いている所です。

最近使う糸はどれも、
編める状態になるまで手間と時間がかかります。



c0243045_07590390.jpg

試編み
(下の段は羊の毛2種)







今朝拾った落ち葉たち

やっときれいに紅葉してきましたね。
なんだかホッとしてします。


ついつい拾わずにいられない、、、、、

c0243045_07594127.jpg

c0243045_08023455.jpg

c0243045_08035894.jpg




こちらは少し前に拾ったもの。↓
乾燥しても色が残るものあり、
色あせて、それもまたきれいだと思うものあり、
変化を観察するのが、作業中の気分転換になったりしています。^^
(オールシーズン拾ってる。。。)

c0243045_08044136.jpg



blogもinstagramもムラがありますが、、、
よろしければ、これからも見て頂けると嬉しいです。
\(^^)/












[PR]
# by satori--nu | 2018-11-26 09:18 | 作品 | Comments(0)

福岡より戻りました。


設えと
在廊してきました。



個展『白い澱み』

gallery QUONA
福岡市南区大楠3-14-34-106


24日までです。
12:00-17:00
(会期中無休)


c0243045_13572256.jpg



c0243045_14032697.jpg



c0243045_13584902.jpg



c0243045_13580608.jpg



c0243045_14012311.jpg



c0243045_14132041.jpg



c0243045_13592978.jpg



c0243045_14065726.jpg



c0243045_14060295.jpg



c0243045_14051004.jpg



c0243045_14042760.jpg


照明を消して、ほの暗い自然光で撮ったのですが、
あまりピントが合っていませんね。。。






今回QUONAさんに展示する為に制作した、
オブジェの数々。
(大きな平面の作品は、過去に制作したものです)


小さな雲
つらら
綿毛
、、、、、、
そのイメージのピアス


ひんやり静謐な
冬の気配のするインスタレーションになりました。


QUONAさんのグレーの壁に、
細く白い糸が映えます。
QUONAさんの古いドアやイーゼル、鏡など、素敵な什器が
陰影や質感を作ってくれています。

時が止まったかのような空間です。


糸の細さ、色、形、編み方などに微妙な差異をつけ、
より繊細に表現ができたのではないかと思います。
ぜひ、直接見て頂きたいです。
福岡の方、どうぞよろしくお願い致します。




福岡でも、素敵な出会いがありました。
QUONAさん始め、
福岡にも様々なご縁が出来て、
とても嬉しいです。
色んな所で色んな活動をされている人がいて、
私にはまだまだ知らないことがたくさんあるのだなぁと。
これからもっと視野を広げながら、
また制作を通して色んな方と関わっていきたいと思いました。


c0243045_14020693.jpg







次は、もう来年になります。
1/18〜20
手紙社さんによる布博に出展致します。
(11/22追記:八王子と書いてしまいましたが町田でした)
今日からサイトで紹介して下さっています。
http://textilefabrics.jp/201901/
他の出展者さんもたくさんいらっしゃいます。
ぜひ見てみて下さい。
\^^/















[PR]
# by satori--nu | 2018-11-21 14:28 | お知らせ | Comments(0)

個展と出展のお知らせ


c0243045_10490932.jpg
DM制作:macmicron






個展

『白い澱み』

〜目に見えるのに掴めない存在〜



11/17(土)〜24(土)
12:00〜17:00
(会期中無休)


at gallery QUONA(福岡)
http://www.gallery-quona.com/




福岡で個展です。




c0243045_10143853.jpg

c0243045_10152326.jpg



目に見えるのに掴めない存在。


湯気
かげろう
..........

から、なんとなく


「白い澱み」
という言葉が浮かんで
ずっと居続けていました。




空に溶けていくような雲

水の中に落とし、混ざっていく一滴の牛乳


そんなものをなんとなく描いて
制作しています。







細い細い糸
薄くグラデーションに染めた糸
細いラメ糸
羊や綿花の”わた”を薄く足していく

、、、、、
などで
表現を試みました。



雲やつららや綿毛をイメージしたオブジェを、
少しずつ集めてきた枝にぶら下げます。

QUONA さんの静謐な空間に
どんなインスタレーションを作ることが出来るのか、、、
楽しみです。



c0243045_10210824.jpg

c0243045_10221940.jpg



平面の作品もあります。

c0243045_10163846.jpg




近年のテーマとして


自然界の”透明に感じるもの”
クモの巣、タンポポの綿毛

森の中での気配


などがあります。




目に見えないもの、見えにくいもの

はっきりした明快なものではなく
曖昧な薄い存在を、
追う傾向が最近はあります。



c0243045_10172372.jpg


c0243045_10184893.jpg


c0243045_10202544.jpg


c0243045_10181071.jpg


それから、もう一つ
お知らせです。



ニッポンいいもの展2018
at 名古屋高島屋

11/14(水)〜19(月)
10階催事場
※最終日は5時まで


Atelier de LUMIEREさん
http://www.lumiere-atelier.jp/
とご一緒に、
ピアスを出品させて頂きます。



今回は、個展と時期が重なってしまったので、
少しになってしまいましたが、
どうにかお送りできました。


LUMIEREさん、
作品も、ディスプレーもとても素敵です。
名古屋にいらっしゃる方、
ぜひぜひ、お立ち寄り下さい。

よろしくお願い致します。


c0243045_10193196.jpg

















[PR]
# by satori--nu | 2018-11-14 10:34 | 作品 | Comments(0)

新しい糸で


c0243045_16233019.jpg





目に見えるのに掴めない存在

 雲のような








DM用。
今回は自分で撮っています。。



c0243045_16223310.jpg



c0243045_16201479.jpg


c0243045_16213513.jpg


つい先日、私の元にやってきた、
細い細い、古い麻糸。


上の写真の右のものは、
限りなく生成りに近いグレー、薄いグレー、濃いグレーに染めたものを、
順に編んでいき、グラデーションにしました。





こちらの一番左の糸です↓
MOROcraft(茂呂クラフト)さんより
分けて頂きました。

c0243045_16193145.jpg


前回頂いたものも、とても重宝しましたが、↓
c0243045_16351967.jpg
(※これは、カセから、たくさん切れているのを繋ぎながら手で巻いていったものです。
この状態の前の、カセの状態で撮った写真を、残念ながら、誤って消してしまいました、、、)




これを丁度使い切ってしまったタイミングでした。




そして今回の糸がまた、
今制作している『薄い存在の立体』に、とても適していて、
ギリギリのところでいつも救われている、と思いました。

細いけれど張りがあって、
色も、真っ白すぎず、黄色みすぎずのニュートラルな色合いで。

c0243045_17083371.jpg

カセをねじってまとめている、
この美しい結び。
日本独特のものだそうです。


c0243045_17100274.jpg

こちらは、
上は「結び」ではなく、「括り(くくり)」ですね。



しばらく眺めていたいのですが、
すぐに使いたいので、ほどかなければならず。
記念撮影を。






c0243045_16263013.jpg

こちらは、シルクですが、
太めで双糸(2本取り)なので、使い道がなかなか浮かばず。
でも、
佇まいが美しい。
草木染めのようで、ほのかな色に染まっています。






茂呂さん、いつもありがとうございます。
糸をまた近々見せて頂く予定です。




(*^^*)



先日もう一つ、糸との出会いがありました。
編み物の先生でいらっしゃったおばあさまがお亡くなりになられて、
おばあさまの糸を譲って下さる、という方がおられて、
お宅に伺ってきました。
糸と道具をお譲り頂いたことは勿論のことですが、
お互いの話、おばあさまのお話、色々お話をしながら、
優しいご配慮を頂きながら、
じっくりと糸を選ばせて頂いたのは、
ありがたく、心温まる時間でした。
糸が繋いでくれたご縁。
”編み”をやっていて良かったと、つくづく思いました。











[PR]
# by satori--nu | 2018-10-25 17:17 | 作品 | Comments(0)

白い澱み


目に見えるのに

実体のない かたまり
つかめない かたまり
あいまいな かたまり





c0243045_09461054.jpg




かげろう
液体





c0243045_09485800.jpg




透けるような存在の薄い柔らかい編みで
シャープなカタチを













Vivaldi『The Four Seasons 』
がこんなアレンジに

安住しない
飛び越える勇気














[PR]
# by satori--nu | 2018-10-15 09:51 | 作品 | Comments(0)

photo by Akiko Sameshima

c0243045_10425008.jpg

c0243045_10425949.jpg

c0243045_10430791.jpg

c0243045_10431600.jpg

c0243045_10432420.jpg

c0243045_10433405.jpg

c0243045_10434259.jpg

c0243045_10434937.jpg

c0243045_10435665.jpg

c0243045_10440277.jpg

c0243045_10441542.jpg

c0243045_10442271.jpg

c0243045_10443054.jpg

c0243045_10444086.jpg

c0243045_10445722.jpg




写真家の鮫島亜希子さんに撮って頂きました。





今年1〜2月の駒沢大学mique(ミケ)さんでの展示、
4月の京都和知(わち)の森での『森の展示室』、
そして、
私の作業場での”編む手”を。


この写真たちを、
あるカタチにしようと思っています。

今年中に出来るといいなぁ。

























[PR]
# by satori--nu | 2018-10-05 10:50 | 作品 | Comments(0)

追加作品&手袋


vertigoさん(熊本)にて
個展開催中です。


c0243045_11372290.jpg
(こちらは今vertigoさんに展示しているものです)



\(^ ^)/


vertigoさんへ追加をお送りしました。

ピアスの追加を少しと、あと、
小さな作品があちこちから出てきて、
(化石の出土みたい)

それと、
手袋を新たに作りました。
ずんずんずんずん作って、6つも出来てしまいました。



糸を作業場いっぱいに広げて。

c0243045_14544114.jpg

手袋、とても久しぶりなので、
しばらくあーだこーだやりながら、
要領などがやっとまた確立されてきました。


配色は、
何度もほどいては色を見て、、、。
かなり微妙な色の移り変わりです。
細い糸を引き揃えて(=何本も束にして編むこと)
糸を抜いたり足したりしながら、色調を変化させていきました。
写真ではなかなか表せません。

ぜひ直接見て頂きたいです。



気がつけばもう10月。
送るの遅くなってしまいましたが〜
熊本の方、ぜひ見にいらして下さい。
10月8日(月・祝)までです。【会期中無休】


よろしくお願い致します!



c0243045_14580419.jpg



c0243045_15012648.jpg



c0243045_15024538.jpg



c0243045_15051239.jpg



c0243045_15113997.jpg



c0243045_15064672.jpg



c0243045_15090403.jpg




※タグにテープで止め付けているものは、使用した全ての糸です。

























[PR]
# by satori--nu | 2018-10-03 15:21 | 作品 | Comments(0)

熊本


『調和』

9/21(金)〜10/8(月)
11:00〜20:00
(会期中無休)

at vertigo(熊本)



昨日熊本から帰ってきました。


とても良い所でした。
また行きたいです。

c0243045_13394447.jpg


c0243045_13420704.jpg

c0243045_13431905.jpg

c0243045_13482081.jpg

c0243045_13490327.jpg

c0243045_13494586.jpg

c0243045_13515161.jpg

c0243045_13524008.jpg

c0243045_13591619.jpg

c0243045_13583749.jpg

c0243045_14004496.jpg




10/8までと、会期長めです。

会期中に3回も3連休があるなんて!

3連休は、結構遠くへ出かけてしまう人が多いようですが、、、

作品のアーカイブほぼ全部、
セーター、額、モビール、
ピアスたくさん、
ネックレス、ブローチ、。。。

というような展示は、もうしないと思うので、

ぜひいらして頂きたいです。

肉眼で見て、
セーターを着て、
直接触れて頂きたいです。

熊本の方、どうぞよろしくお願い致します。


















[PR]
# by satori--nu | 2018-09-24 14:11 | 作品 | Comments(0)

『調和』



言葉は思考

思考は言葉






かなぁと思います。


いつも、
個展の為の制作に入ると
手を動かしながら
なんとなく考えたり、自然に浮かんできた何かが
だんだんと、言葉になり
日々推敲しながら
残った’上澄み’のようなものが
タイトルになります。





今回、制作中に浮かんでいた言葉は
「調和」でした




c0243045_17433789.jpg



c0243045_17444058.jpg



『調和』

9月21日(金)〜10月8日(月)
(会期中無休)
11:00〜20:00

at vertigo(熊本)
http://www.mu-vertigo.com/


熊本のvertigoさんで個展をさせて頂きます。





c0243045_17541468.jpg

c0243045_17455762.jpg

c0243045_17520073.jpg

c0243045_17531438.jpg




素晴らしいDMを作って頂きました。
A4サイズの4ツ折りです。
心の籠ったDM。
愛を感じます。。。




でも
今日届いて、
(私が、撮影用のモノが出来上がるのが遅くなり、押してしまって!)
明日から熊本へ行くので、
どのくらいお送りできるかなー^^;
お送りできなければ、また後日お渡ししますので見てやって下さい。





c0243045_17375829.jpg



『調和』


均一性と極端性のバランスや
糸が在りたい状態にすることを
思いながら
編む

自分がどうしたいかでなく
感情を表すのでもなく
思いつきや気の向くままに編むのでもなく

ただ
これ以上これ以下もない
ほどよい調和を探る




c0243045_17420370.jpg




まだまだやることがあって、
今、作業部屋はてんやわんやなのですが、
なぜか心は落ち着いています。

vertigoさんのことを思うと安らぎますし、
とても楽しみです。





人と人との調和についても
最近考えます。
無理なく思い合えるとか、通じ合えるというのは
理屈でもなく、意図してできるものでもなく
それって一体なんだろ〜って。
不確かだけど、確実にある。
人のフシギ。


〜(^^)〜





私、21、22と、23の午後過ぎまで、在廊します。
熊本にいらっしゃる方、お会いできましたら嬉しいです!





















[PR]
# by satori--nu | 2018-09-19 17:59 | Comments(0)

たゆたう




空気の一部
のような



流れの一部
のような







すっと自然に生まれ出て
たゆたっているような














そんなものを作りたい。




c0243045_00121612.jpg






プレーンでもなく

すごく凝ったものでもない

ささやかな差異が集まった

無理のない自然な編み








’魂が篭っている編み目’と’なんとなく出来た編み目’は明らかに違う

シンプルなほど明るみになる











c0243045_12273719.jpg





フリーハンドで編む
編んでみては、ほどいて
ほどよい所を探っていく

手間はかかるけれど
感覚的なものが出来る


心地よいいびつさ
有機的で生き物のような





c0243045_00155914.jpg





ラフにフッと湧いて出来たように見えるけれど

着やすい為の技を随所に施して




袖山が弓なりにカーブしていたり、
袖回りにゆとりがあったり、
肩の傾斜が少しだけついていたり、
重力で引っ張られることを計算して、上の方は密に編んでいたり。



まだまだこれから。

果てしない旅。。。








たゆたう ー 揺蕩う  

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜












[PR]
# by satori--nu | 2018-09-04 23:44 | 作品 | Comments(0)

知覚


なんとなく






なんとなく

気持ちが向く






なんとなく

いい








c0243045_14580804.jpg





c0243045_14590718.jpg



次の展示に向けての制作。

タイトルがまだ決まらずで、
ブログを書いている場合ではない!!のですが、

こうやって綴っていると、まとまってきそうで。



なんとなく、

「なんとなく・・・」

みたいなことになりそうです。






c0243045_15001090.jpg





c0243045_15251741.jpg



’着るもの’をお出しするのは、
今回が初めてです。

ニットをやっていながら、
今まで、着るものとして制作したものと言えば、
先生の研究所で、基礎を学ぶ題材として作ったものや、
自分用に作ったものが2着ほどあるくらいでした。


ずっと、
純粋に表現したいという想いがあり、
「着られるもの」にすることにより生じる「形や機能的要素の制約」がない世界で、
自由に、ニュートラルに
ニットと向き合いたかったのだと思います。




でも、今回
「知覚する」
ということがなぜか浮かんでいて

必然的に「触れる」→「着られるもの」
に繋がりました。


c0243045_15010473.jpg



本来、人は、
ニットを見ると
着たいという心理が働く。
手編みのニットはそういう性質があると思います。
それに従う日が来た。
やっと機が熟したというか
すっと、受け入れられる日が来たのかなぁと。



c0243045_15014715.jpg




[知覚]
感覚器官を通して、外界の事物を見分け、とらえる働き。






皮膚だけではなく
五感だけではなく




「なんとなくこうしたい」という気持ち
もしくは、気持ち以前のレベルの何か
を捉えながら
知覚に訴えかける「なんとなく心地よい」もの
になるよう
制作しています。。
























[PR]
# by satori--nu | 2018-08-30 15:09 | 作品 | Comments(0)

title........



端的なもの

直接的なもの

無意識的なもの

理由なき出現

偶然性








そして

少し足りないくらいの状態

を目指して













いつも展示の際は、タイトルがあるといいと思っていて
でもかっちりとしたテーマや伝えたいことがあるわけではなく

作業をしながら
なんとなく浮かんできて
そしてなんとなく残っているものを
ある時ふっと
捉える



c0243045_09581927.jpg

モヘアやぎ(ヤギです)とシルクの混紡の糸を
編んだ後
縮絨し
玉ねぎの皮で染めました。
少しずつ集めてきた玉ねぎの皮を、一気に使って。


[縮絨]ー石鹸水などでもみ洗いして、毛を絡ませ収縮させること。



毛足の長いモヘアの毛が絡まることで、編み目が固定されるのと、
編み上がったばかりのよそよそしかった編み地が、こなれた風合いになります。


c0243045_09425421.jpg


やってみて分かることばかり。

試行錯誤は続きます。































[PR]
# by satori--nu | 2018-08-24 10:11 | 作品 | Comments(0)

new works



お取り扱い店様へのアクセサリー
出来上がってきました。


自由な気分で制作していると出てくる、
テイスト、色合い。
毎回違うのが、面白い。

c0243045_10593863.jpg




c0243045_11002039.jpg




c0243045_11025017.jpg




c0243045_11010702.jpg




c0243045_11020507.jpg




c0243045_11033700.jpg







何かがじわじわと高まって


コップに入った水の表面張力のように


飽和状態になって


あふれ落ちる















Number Girlの時
暴力的な感じがして好きではないと思っていたけど、
最近なんか気になっている。。
























[PR]
# by satori--nu | 2018-08-12 11:24 | 作品 | Comments(0)


インドからのコットンの綿(わた)。
Haryana(ハリヤナ州)という地方の畑で、
採ったそのままを、義妹が持ち帰ってくれたもの。

おととし、私もインドに行き、
お邪魔したご家族のマミーのご実家の畑です。

インドでも高級品のkalif(カリフ)という品種です。



こちらは、2回目に譲り受けたもので、
前回とは全く同じ畑ではないので、
また微妙に違った状態なのが、面白い。


c0243045_15220249.jpg

c0243045_15312500.jpg

c0243045_15322889.jpg

ここのところ、
このわたを、ずっと横目で眺めながら、
どんな風に、どんな形に使おうか、考えていました。
やっと、着手。


前回のものは、アクセサリーや小さな作品で、使い切ってしまったので、
今度は、大きめのものに、もっとバリエーション豊かに使用したいと思っています。


c0243045_15264474.jpg

c0243045_15302018.jpg

c0243045_15523620.jpg

刈り採ったままの状態

c0243045_15483687.jpg


綿花を採った後の殻、星みたい。
力強いフォルム。
殻からも、植物のエネルギーを感じます。

c0243045_15493202.jpg





種と殻の欠片を取り除き

c0243045_17115597.jpg


ハンドカーターという道具で繊維を梳いて

c0243045_17125632.jpg


なめらかに

c0243045_17135737.jpg

しっとりとして、
神々しい白



この綿(わた)、どうなるのか、、、
自分で楽しみです。
また載せますので見て下さいね。



触れる→知覚する

このテクスチャーを身をもって味わってもらえる何かを。

今回はそんな気分です。





c0243045_17151488.jpg


今日でまた一つ年を取りました。


昨日から今日へ
いつもとなんら変わりなく
人が決めた時間という尺度をまたいだだけなのに

偶然もあり
やはり心境もあるのか
いろんなことがまとめて
不思議なくらい
かたがついたような
リセットされたような

それはあまりにも、自分の中だけのことだけれど






制作は孤独な作業で

孤独が好きで

自分の中にこそ刺激があって

外からの刺激は
受けているようでたいして受けていないようにも思える






小さな喜びや
シアワセを感じることや
希望を持つとか
バランスを保つとか

そういった平穏の安定的な維持はできないもの
と観念することは
自分をラクにする
前向きな諦め

空しさをそのままにしておく



生み落とすこと、見てもらうこと
そのループについて考える

何の為に
必然とは


私が生み出したものは
完成された作品ではなく
単なる葛藤や実験の痕跡

過程の途中でしかない

その「過程」を、積み重ねていく

何を目指しているかも分からず
でも必ず
次の制作に滲み出てくるという事実

生み出した「物」が大事なのではなく
その制作ののちの「自分」
その自分が次に何をするか、何ができるようになっているのか
それが見たいという目的の元に




c0243045_17161645.jpg


















[PR]
# by satori--nu | 2018-08-05 17:30 | 作品 | Comments(0)


冷静、作為的ではなく

全力をぶつけたい

気紛れや衝動ではなく


溢れ出てくるものを必然として捉える





更新したい

今までの自分をゼロにするくらいに

積み重ねたものなんてもう意識しないように

振り返ってももう景色が見えないくらいに速く





作ったもの

生まれ出た瞬間から化石となる

明るみになった現実に興ざめしてしまう

土から出てきた蝉の
透明な黄緑色が
みるみるうちに硬い焦げ茶色になるように





小さなことにとらわれず
その瞬間瞬間の必要なエッセンスだけをすくい取ることだけに集中したい




次はそんな制作を。

毎回変わる気分。

作るものを通して、自分はどんどん変わっていくことを感じる。

変えたくないものなんて無い。




時間は止まらない。

流れる。


気持ちよく流れればいい。



c0243045_10083565.jpg


c0243045_10093276.jpg


c0243045_10103967.jpg


c0243045_10114264.jpg



8/1から始まっている
リゼッタさんでのonline shopは、
14日までではなく、
8月いっぱいとなりました
一点物なので、順次、色々と掲載されていきます。
https://lisette.jp/
※最初に出てくる大きな画面を右にめくると、『a hINT of』のshopに飛べる画面が現れます。

大阪の淀屋橋店でも、
店頭で8月いっぱい販売して頂けることになりました。


どうぞよろしくお願い致します。



c0243045_09552818.jpg



一段落つきました。

また一つ終える、嬉しさ。



次の制作は、またがらりと変わると思います。

展示をさせて頂く人や場所によって、
制作への向かい方が変わるのは、
興味深いことです。


変わるって、いいことだと思う。
そんなことを思う今日この頃。



c0243045_12062579.jpg





















[PR]
# by satori--nu | 2018-08-03 10:26 | 作品 | Comments(0)

ありがとうございました


UNE MAISON LISETTE さんでの展示、
昨日で終了しました。

お越し下さった皆様
本当にありがとうございました。

生で見たい!とわざわざお越し下さったこと、
とても励みになりました。
そして、皆さんがとても悩んでアクセサリーをお選び下さっているお姿を見て、
よりしっかり物作りをしていこう!と、
制作に対する想いを深めました。



ワークショップは、
28日は台風のため、お越しになれない方もありましたが、
それはそれで、少人数で、じっくりのんびりと良い時間を過ごすことが出来ました。
そのため、結構細かいことやマニアックなことをお話したりもしてしまいましたが、
「そういうことが聞きたいです!」とおっしゃって下さり、
良かったです。。。^^;
皆様、編みにくい糸と向き合って下さり、
それぞれに同じ糸でも個性が出て、興味深いです。
ひたむきさや、一人一人違うんだということに
感動してしまう。。。

少しでも、「ニット」「編み」を知って頂きたいと思い、
開催しているワークショップですが、
いつもなかなかに熱くなってしまい、
もっとスマートにお教えできないものかと、思い倦ねるのですが、、、^^;

お忙しい中お時間を作って参加して下さり、
本当にありがとうございました。

(いつも写真を撮るのを忘れてしまいます)




この後、
8月1日(水)12:00 〜14日(火)
LISETTE webshopで
アクセサリーを引き続き販売させて頂きます。
https://lisette.jp/
(リゼッタさんのHPの中です。またご案内させて頂きます。)

お時間ありましたら、、ご覧になって頂けると嬉しいです。
全て一点物です。

こちらもどうぞよろしくお願い致します。

c0243045_07365129.jpg


c0243045_07375431.jpg

c0243045_07353159.jpg











[PR]
# by satori--nu | 2018-07-30 08:03 | お知らせ | Comments(0)



c0243045_19335142.jpg

28日(土)
ー ピアス(イアリング)作りのworkshop ー
午後の部にまだ空きがあります
(2)15:00〜17:00
4000円(税込)お茶、お菓子付き
持ち物は特にありません。

使用する糸は、フランスと日本のデットストックの糸です。
ピンク、レモン、黒は、手染めしました。
白は、細い方の糸は生成り色の麻糸を脱色しました。
こちらの4色からお選び下さい。

なかなか難しいと思われる方が多いのですが、
簡単に編める編み方です。
初心者の方でも丁寧にお教えします。

細い糸を透けるようにざっくりと編むことで、
皆様の編みの可能性が広がるといいなと思います。

ニットにまつわるお話や、私の日頃の制作のお話をさせて頂きながら、
楽しい編みの時間を過ごせたらと思います。

ご予約は
UNE MAISON LISETTE(表参道)
03-6712-6277まで







そして、
UNE MAISON LISETTEさんのこと。。。

表参道のビル郡の中にあるとは思えない、
ひっそりと静かで隠れ家のような、小さな一軒家です。
初めて伺った時、とても素敵で思わず歓声を上げてしまいました。
暖炉やシンプルで素敵なシャンデリアがあったり、
木の壁、エメラルド色の棚、アンティークの調度品、ソファ、、、
とっても寛げる場所です。

実は、その大好きな建物が、8月26日までで、なくなってしまいます。

今回、最後を飾る個展をさせて頂くことになり、
光栄ではありますが、寂しくて複雑な思いもあります。


この場に想いを寄せながら制作した、メインの新作があります。
『植物の生命力』というテーマで、
私の身近にある様々な雑草を糸と共に編み込みました。

ガラス張りの所に設置して、
LISETTEさんの前の大きなイチョウの木を背景にしています。
このイチョウの木、今後どうなるのかな。。気になります。

雑草を刈ってきて生けたり、
素材として使用した雑草や、少しずつ拾って集めた葉っぱのコレクションも
一緒に展示しています。

雑草は、よくよく見ると、緻密で構築的で美しいです。
身近にあるけれど見落としがちな、ささやかなものの美しさに、気を止めて頂けたら
という想いで、制作しました。

今回限りのインスタレーションです。

作品は全て販売しています。
額やモビール、
アクセサリーも今回たくさんお作りしました。

リゼッタさんのオリジナルのお洋服もどれも本当に素敵です。
これを機に、最後にぜひこの空間にお越し頂けたらと思います。
29日までです。
心よりお待ちしています。


https://lisette.jp/

*こちらのリゼッタさんのHPで、インタビュー記事も掲載して頂いています

c0243045_19304666.jpg


c0243045_19324860.jpg
















[PR]
# by satori--nu | 2018-07-26 19:34 | お知らせ | Comments(0)

個展に寄せて




木は

枯れることなく生き続けている

根から水や養分を吸い上げて、幹や枝に運び

葉で光を受け、二酸化炭素と結びついて栄養素を作る

不要になった葉や枝は、ひとりでに落ちる

春になればまた芽吹く

静かに、生長している




夏、

草はいっせいに繁茂する

驚くべき速度と量で

日一日と、草は生え広がる




近くの原っぱで、草を採取した

よくよく見てみると

同じように見えていた雑草にも、無限の種類や差異がある

糸と一緒に編み込んでみる

草の、緻密な形。精密な構造。

草に毛が生えていて、滑りが悪かったり

草の真ん中に芯があって思いのほか硬かったり

そして半日もすると乾燥してしまって編めなくなる

草と、戯れるというより

我を忘れて格闘した







個展『fresh vitality of plants』〜植物の生命力〜  に寄せて



c0243045_18404200.jpg



c0243045_18413948.jpg



c0243045_18454180.jpg



c0243045_18475568.jpg



c0243045_18490453.jpg






















[PR]
# by satori--nu | 2018-07-24 18:49 | 作品 | Comments(0)

展示始まりました


7月20日(金)〜29日(日)

個展『fresh vitality of plants』〜植物の生命力〜

at UNE MAISON LISETTE(ユヌ メゾン リゼッタ)
(表参道駅より徒歩5分)



初日と2日目、終わりました。

良き出会いもあり、
いつも応援してくれている人達も来て下さり。

instagramをいつも見ていて、来て下さったという方が、何人かいらっしゃいました。
わざわざ私の在店日に、お越し下さって。
嬉しいやらありがたいやら、
少し恥ずかしいやらで。
皆様素敵な方ばかりでした。


それから、わざわざ来てくれた旧友たち。
いつもありがとう。


そして、LISETTEさんでは、本当に支えて頂いていて。
制作中も、気持ちよく作業が出来ましたし、
展示が始まってからは、
私の作品ことを大切にお伝え下さり、
励みになっています。


c0243045_06373798.jpg

こちらが今回のメインの新作です。

近くの原っぱで採取した雑草たちを、編み込みました。



DMになっているこちらの状態から、編み進めました。
c0243045_07445098.jpg

ここから先が、
なかなか決まらず、進めることが出来なくて、
ギリギリになってしまい、焦っていましたが、
ある時一気に描けて、
搬入当日の、家を出るギリギリまで編んで、仕上がりました。

この作品のお話は、
写真と共に、またお話させて下さい。

出来立てホヤホヤで、まだ写真も撮っていないのです。
こちらの展示の場は、背景が反映しすぎて、
そして自然光ではなくライトだと、うまく撮れないです。




その他も、自然や植物をテーマにした作品のアーカイブや、
モビールや額を、展示しました。

c0243045_06392300.jpg




下の写真のアクセサリーは、リゼッタさんのためにお作りしたものです。
リゼッタさんの今期のオリジナルの生地のデザインに
レモンツリーと花粉というものがあって、
合わせてお作りしました。

c0243045_09493198.jpeg


c0243045_07040213.jpg





c0243045_09494967.jpeg


c0243045_07063466.jpg







それから、
28日(土)
ピアス(イアリング)作りのワークショップを開催します。

まだ空きがございます。
ご参加、お待ちしています。
\(^^)/

c0243045_07380939.jpg

フランスや日本の織物工場からのデットストックの麻糸でピアス(またはイヤリング)を作ります。
手作りの糸なので細かったり太かったり糸の変化を楽しみながら、細い糸は透けるように編むことで、’編み’の可能性を感じて頂けます。
シンプルな編み方を谷口さんが丁寧に教えてくださるので、編み物が初めての方もぜひご参加ください。
白、黒、レモン、ピンクの4色からお好きな色で編んでみましょう。


日時:2018年7月28日(土)①11:00~13:00 ②15:00~17:00
場所:UNE MAISON LISETTE(表参道)
参加費:¥4,000(税込)お茶、お菓子付
持ち物:特になし

ご予約はUNE MAISON LISETTE(表参道) 03-6712-6277までお電話ください。
キャンセルのご連絡は7月25日(水)までにお願い致します。
それ以降のキャンセルは参加費を頂きますのでご了承ください。

リゼッタさんHP→ https://lisette.jp/blogs/event/




それと、
盛り沢山すぎで申し訳ないのですが、
最後に、、、
リゼッタさんのHPにインタビュー記事を掲載して頂いています。
お時間ありましたら、ご覧頂けると嬉しいです。
(飛べなくてごめんなさい!)
https://lisette.jp/blogs/feature/ahintof_interview1807















[PR]
# by satori--nu | 2018-07-22 07:50 | 作品 | Comments(0)

WS


表参道のUNE MAISON LISETTEさんで
個展に伴って開催される
workshop
のお知らせです



〜 UNE MAISON LISETTEさんのHPより 〜

c0243045_12095204.jpeg




フランスや日本の織物工場からのデットストックの麻糸でピアス(またはイヤリング)を作ります。

手作りの糸なので細かったり太かったり糸の変化を楽しみながら、細い糸は透けるように編むことで、’編み’の可能性を感じて頂けます。
シンプルな編み方を谷口さんが丁寧に教えてくださるので、編み物が初めての方もぜひご参加ください。
白、黒、レモン、ピンクの4色からお好きな色で編んでみましょう。


c0243045_12103510.jpeg
c0243045_12100850.jpeg
c0243045_12094011.jpeg
c0243045_12101991.jpeg


日時:2018年7月28日(土)①11:00~13:00 ②15:00~17:00
場所:UNE MAISON LISETTE(表参道)
定員:各回5名
参加費:¥4,000(税込)お茶、お菓子付
持ち物:特になし

ご予約はUNE MAISON LISETTE(表参道) 03-6712-6277までお電話ください。
キャンセルのご連絡は7月25日(水)までにお願い致します。
それ以降のキャンセルは参加費を頂きますのでご了承ください。



https://lisette.jp/blogs/event/shopevent







のんびり楽しく編みましょう^^*

ご参加お待ちしています!















[PR]
# by satori--nu | 2018-07-16 12:19 | お知らせ | Comments(0)

葉っぱと個展


毎日ではないけれど、
朝、走ります。

帰り道、
木がある原っぱや、林を
汗だくでテクテク歩きながら、

最近は
葉っぱが気になってしょうがなくて
つい拾ってしまいます。

まだ人に踏まれる前の、ふんわり落ちている、瑞々しい葉。

虫食いもきれいで。
今まで思ったことなかったけれど。


持ち帰り、
変化を楽しみます。

縮れてしまうもの。色が意外な変化を見せるもの。

c0243045_08380569.jpg

c0243045_08394032.jpg

目の覚めるような鮮やかな色ほど
とどめることは出来ない


けれど
水分がなくなってくすんだ茶色にも美しさはあって

c0243045_08451059.jpg





7月20日(金)から個展が始まります。

まだ作品出来ていないのに告知をするって、
心臓によくないですが ^^;
(いつものことですが)




DM出来ました。


c0243045_08470500.jpg

7月20日(金)〜29日(日)
UNE MAISON LISETTEさんで個展です。
表参道駅を出て、青山通りから少し入った所にあるとは思えない、
とても静かで、素敵な一軒家です。


28日(土)
ピアス作りのワークショップやります!

日時:2018年7月28日(土)①11:00~13:00 ②15:00~17:00
場所:UNE MAISON LISETTE(表参道)
定員:各回5名
参加費:¥4,000(税込)お茶、お菓子付
持ち物:特になし
ご予約はUNE MAISON LISETTE(表参道) 03-6712-6277までお電話ください。


詳細はこちらへお願いします。
写真もupして頂いています。
https://lisette.jp/blogs/event/shopevent




どうぞよろしくお願い致します。
m(- -)m











[PR]
# by satori--nu | 2018-07-15 08:58 | 作品 | Comments(0)

いくつかの memo




表現者は、まずは職人でなければならない
知識、技術、経験がなければ
意図した表現が実現できない
だから私は職人でありたい





同じものを作り続けるということ
続けていると、それは同じではないと分かる
同じものを作り続けることで、
自分の日々の波や変化が分かりやすい
同じものを作り続けることにより、
糸の性質が、コアなレベルで分かってくる
この糸をどう編んだら良いか、最善の手法が見えてくる
そこにあるのに見えていなかったものが
ふっと見えてくる






最初は、未知で新鮮で
勢いがあって、できてしまう
それを、続けること
ずっとずっと続けるということ






好きな強さ
忍耐力とか
ひたすらに一歩一歩進んで行くとか
自分をどう持っていくかとかの
地味な強さ







信じること
無理に信じたくない
自然に信じられることだけを
曇りなく真っ直ぐに信じたい
信じられるものは信じられるし、信じられないものは信じられない
どうしてなのか、でも、
不確かなようであって確実にそれはあって
それに背かず、忠実に潔癖にいけば
また自分が見えてくる
自分がまた形成されていく






c0243045_11141965.jpg

c0243045_12404438.jpg



























[PR]
# by satori--nu | 2018-07-12 12:42 | 作品 | Comments(0)

24日、FESTINA LENTEさんでの展示が終わりました。
お越し下さった皆様、本当にありがとうございました。


ワークショップも、あれこれ悩みましたが、
当日は、参加者の皆さま、それぞれに良いものが出来、
喜んで頂けたようで、ほっとしました。
それぞれのお家に、モビールが飾られ、
これから皆さんが日常の中で、毎日ずっと眺めるのだなぁと思うと、
嬉しいというより、なんだか大変なことだな、なんて思います。。




何事も手探りで始まりますが、
今回も本当に、今まで見えていなかったことが、見えたという瞬間が多くありました。
他者や出来事と対峙することによって、
これだけは大切にしたいということが、
クリアになったり。


制作自体で悩んだり苦しむことはあっても、
それ以外では、
一点の曇りもない健やかな気持ちで制作したい。




今回も、お忙しいのに駆けつけて下さった方々、
お気持ちが身に沁みました。
ありがとうございました。
心から安心できる人達がいてくれて、
幸せなのだな、私は。





一つの展示が終わり、次の展示の為の制作が始まる、切り替わりの時は、
いつも、「まとめ」と「これから」に向けての言葉が浮かんできます。




前回は「白の世界」


次の展示は
「植物の生命力」です。

c0243045_11030960.jpg


c0243045_11041375.jpg

次回は
7月20日〜29日
表参道のUNE MAISON LISETTEさんでの個展です。
こちらもどうぞよろしくお願い致します。

*\(^^)/*



















[PR]
# by satori--nu | 2018-06-28 11:06 | 作品 | Comments(0)

workshopについて、

今回、ぶら下げるだけでは
時間が余ってしまうのではという話になりまして、
簡単なものを2ピースほど編んで頂くことにしました。

せっかくの機会なので、
「編み」を体験して頂き、
編みの面白さや奥深さをお伝えしたいという思いはあって、
でも、あの細い糸を編むのは大変かもしれないと、思っていたのですが、
糸を考え、
太くて編みやすいもので、
編んだだけで素敵なオーナメントが出来上がるような糸を、
ご用意します。

直前になって恐縮ですが、
どうぞご理解のほど、よろしくお願い致します。


c0243045_08205653.jpg

写真:鮫島亜希子





ーーー 編みのモビール作り ーーー

定番の「クラゲ」を中心としたモビールを作ります。

お持ちした、クラゲとモチーフを編んだものと、
編んで頂いたものを合わせて、
インドで購入してきた天然石やメタルパーツや、
糸を自由に組み合わせて
私が集めた’枝’にぶら下げて頂きます。


6月17日(日)
(1)11:00〜13:00
(2)15:00〜17:00

お一人様5000円(枝とパーツ込み)
※オプションで編みパーツや天然石パーツの追加が可能です。

それぞれ定員4〜5名

詳しくは、FESTINA LENTEのHPをご覧下さい。
http://festinalente.shop

お申し込みは、FESTINA LENTEのメールアドレスまで
info@festinalente.shop














[PR]
# by satori--nu | 2018-06-13 08:21 | お知らせ | Comments(0)


今回のworkshop、

内容のいきさつは、

FESTINA LENTEの葛西さんと
モビール好きのお話で盛り上がりまして。


『モビール作り』
私としては初めての試みです。

敢えて今回は
「編む」ことはして頂かず、
私が編んだオーナメントたちと
天然石やメタルパーツなどを
「選んで組み合わせる」
がキーワードです。


そして密かに
重要だと思っているのが、
ぶら下げる’枝’です。


今まで、モビールを作る際、
色んなものにぶら下げてきましたが、
’枝’に辿り着きました。
「編み」の有機的な世界を壊さず、引き立たせるのは、
人工的なものではだめなのです。


そこで、’枝’のお話を。。。

今回お持ちする枝は、
私が、長期間かけて集めてきたものです。
台風や風の強い日の後などに、
落ちている枝を拾いに行って、
少しずつ集めました。

同じ種類の木の枝でも、一つ一つ表情が全く違いますし、
種類が違えば、なおさらです。

枝それぞれに、唯一無二の世界があるので、
どの世界と共鳴するか、、、
モビール作りは’枝’との対話から始まります。


c0243045_13514269.jpg


枝を眺めていると
本当に、飽きないです。。。
自然の持つ無限の複雑性に、気が遠くなります。



枝のお話を、長々と読んで頂き、
ありがとうございました。
m(- -)m





身近なものに目を向けてみると、
心揺さぶられるようなことが意外と転がっていて、
生活を豊かにするエッセンスを見つけることができます。





ささやかなものにこそ美しさがある


a hint of 〜
かすかに〜を感じる







work shop
ーーー 編みのモビール作り ーーー

定番の「クラゲ」を中心としたモビールを作ります。
クラゲやいろんなモチーフを編んだものをお持ちしますので、
(※今回は編むことはしません)
インドで購入してきた天然石やメタルパーツや、
糸を自由に組み合わせて
私が集めた’枝’にぶら下げて頂きます。


6月17日(日)
(1)11:00〜13:00
(2)15:00〜17:00

お一人様5000円(枝とパーツ込み)
※オプションで編みパーツや天然石パーツの追加が可能です。

それぞれ定員4〜5名

詳しくは、FESTINA LENTEのHPをご覧下さい。
http://festinalente.shop

お申し込みは、FESTINA LENTEのメールアドレスまで
info@festinalente.shop


皆さまのご参加をお待ちしています。
\(^^)/





『Hertz』
6月9日(土)〜24日(日)
at FESTINA LENTE(東京神保町)
http://festinalente.shop
@festinalente.shop


3日目です。
しとしと雨ですが、
今回作った世界観には、ぴったりなお天気です。
陶と編みの織り成す水の表現に
浸りにいらして下さい。


c0243045_14295524.jpg




c0243045_14363703.jpg





[PR]
# by satori--nu | 2018-06-11 14:04 | 作品 | Comments(0)

『Hertz』
6月9日(土)〜24日(日)
at FESTINA LENTE(東京神保町)
http://festinalente.shop
@festinalente.shop

塚崎愛さん(陶)との二人展、
始まりました。

c0243045_14395724.jpg


8日の搬入日、
塚崎さんとFESTINA LENTEの葛西さんとで、
FESTINAさんがお持ちの
フランスなどのアンティークの什器の中から、
どれを使うかを選ぶ所から始まり、

事前に打ち合わせで話したことをベースにしながらも、
その場の3人の直感を重視して出来上がった
ライブ感溢れる設え。

二人の周波数(Hertz)が
絶妙に重なり合い共鳴しあいました。


梅雨入りし
水を感じるしっとりしたお天気が
丁度マッチする空間になったと思います。

ぜひ、見にいらして下さい。

よろしくお願い致します。





ー在廊日ー
12日 3時頃〜
17日 終日(workshop開催のため、お時間によってはお話が出来ないかもしれません)
24日 4時頃〜
※変更や追加があれば、追記させて頂くかもしれません。
([追記:6/13 ]19日行けなくなりました)

お会いできましたら嬉しいです\^^/


c0243045_14413011.jpg






c0243045_14484084.jpg

真ん中の象徴的なインスタレーションは
私の『水紋』というタイトルの造形物と
塚崎さんの「水」をイメージした陶の作品と
私の「水滴」をイメージしたピアスで
構成されています。





c0243045_14423013.jpg






c0243045_14441996.jpg




c0243045_14450986.jpg





c0243045_15204892.jpg







c0243045_14473765.jpg





そして、
work shop、まだ空きがございます!

ーーー 編みのモビール作り ーーー

定番の「クラゲ」を中心としたモビールを作ります。
クラゲやいろんなモチーフを編んだものをお持ちしますので、
(※今回は編むことはしません)
インドで購入してきた天然石や金属パーツや、
糸を自由に組み合わせて
私が集めた’枝’にぶら下げて頂きます。


6月17日(日)
(1)11:00〜13:00
(2)15:00〜17:00

お一人様5000円(枝とパーツ込み)
※オプションで編みパーツや天然石パーツの追加が可能です。

それぞれ定員4〜5名

詳しくは、FESTINA LENTEのHPをご覧下さい。
http://festinalente.shop

お申し込みは、FESTINA LENTEのメールアドレスまで
info@festinalente.shop


皆さまのご参加をお待ちしています。
\(^^)/












[PR]
# by satori--nu | 2018-06-10 15:30 | 作品 | Comments(0)

memoと展示&WSのお知らせ


純粋

まじりけがないこと。
邪念が全くないこと。
ひたすら行うさま。 


c0243045_08305812.jpg


一本の糸と二本の棒針を手にした時

自然に沸き上がってくるもの





糸がこうなりたいと語る方向と

自分がこうしたいと思う方向と

少しの偶然性と







個展のものやお取引先様へのものを制作する時、(敢えて「作品」ではなく「もの」←このお話は、また。。)
「あのスペースを埋める為には、これをこのくらいの量作らなければ」とか
「この色でこういうサイズのものを求めて頂いているので」とか
色々あって、

純粋さと、理性との間を行ったり来たり。。





先生の元でニットを学んでいた頃

通学の道で拾った、畑の端っこに落ちていた藁(ワラ)を、
バスケタリーの要領をベースに気の向くままに編んで、
先生に差し上げたことがありました。
今思えば、先生にそのようなものを差し上げるなんて、
私はなんて無邪気だったのだろうと。
でも、
細長く小さなその造形は、自由に伸び伸びとしていて、
先生は「これが本当の芸術の姿なのよ」とおっしゃって下さいました。
中に、試験管のようなガラスの花瓶を入れて、
アトリエの入り口にぶら下げて、花を生けて、
ずっと使って下さっていました。


このことを
事あるごとに思い出します。







純粋な制作、純粋なものについて
いつも
なんとなく考えている


c0243045_08363413.jpg
(ピアス制作中)



昨日は、何をやってもだめで、
今朝は、やっと、、、質の良い集中が
訪れてくれています。。。
ほっ^^*



間もなく展示です。
焦る!けれど、
平常心、平常心、、、、、



『Hertz』
6月9日(土)〜24日(日)
at FESTINA LENTE(東京神保町)
http://festinalente.shop
@festinalente.shop

初日9日、在廊します。


ー*ー* work shopのお知らせ *ー*ー

『編みのモビール作り』
定番の「クラゲ」を中心としたモビールを作ります。
クラゲやいろんなモチーフを編んだものをお持ちしますので、
(※今回は編まないです)
インドで購入してきた天然石や金属パーツや、
糸を自由に組み合わせて
私が集めてきた’枝’にぶら下げて頂きます。

6月17日(日)
(1)11:00〜13:00
(2)15:00〜17:00

お一人様5000円(枝とパーツ込み)
※オプションで編みパーツや天然石パーツの追加が可能です。

それぞれ定員4〜5名

お申し込みは、FESTINA LENTEのメールアドレスまで
info@festinalente.shop


皆さまのご参加をお待ちしています。
\(^^)/













[PR]
# by satori--nu | 2018-06-04 08:45 | 作品 | Comments(0)